So-net無料ブログ作成

来年1月に施行される相続税増税で申告対象者が2倍以上になる? [時事]

2015年の1月に施行される相続税増税で


申告対象者が大幅に増えるそうです。



政府の試算としては

全国における現在の課税対象者4%が

6%程度になるとしているのですが、



現実的には


首都圏の申告対象者は改正前の2倍以上となる44.5%で


東京に限れば50.3%にものぼります。


当然


首都圏以外の大阪や名古屋などでも


多くの人が新たに申告対象者にあたります。



では、


なぜ申告対象者が大幅に増えるのかと言いますと


基礎控除額が大幅に減額される事にあります。


今までは


妻と子供2人が財産を相続する場合、


相続財産が8000万以下であれば

課税対象になっていませんでしたが、



改正後では、

基礎控除額が40%カットになり、


4800万以上の財産があれば、


課税対象になります。



特に地価が高い都市部などで

土地や家屋など不動産を持っているだけで


預貯金などが少なくても


基礎控除額を超えるケースがでてきます。



また、


財産総額1億円以上になると


納税額は改正前に比べて

3倍以上になります。



税金に関して


一方では減税したかと思えば、


当然、国の財政確保の為に


減税された以上に


どこかで増税されます。



国は

どこまで国民から

お金を搾取するんでしょうね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。