So-net無料ブログ作成

「お台場海浜公園」にて期間限定で海水浴場として開設するもびっくり仰天の条件があった! [時事]

2020年に開催予定の東京オリンピックの


トライアスロン会場となる「お台場海浜公園」にて



26日、27日の2日間の期間限定で海水浴場として



特別に開設されましたが、



なんとびっくり仰天の条件がありました。



そのびっくり仰天の条件とは?



なんと「水面に顔をつけるな」と義務付けてあったんですね。



通常であれば、


お台場の海は遊泳禁止だそうですが、


今回、期間限定ではありますが、


海水浴場として開設されたのは


「泳げる海、お台場!」をアピールしたかったとのこと。




海水浴場と開設されたとしても


顔を水面につける事ができなければ、



海で遊ぶ意味が薄れるような気がします。



まぁ、


海で顔を付けなくても遊ぶ事はできますが、


中には海に潜りたい人もいるのではないでしょうか?



ちなみに


国内での遊泳可能な水質は



「糞便性大腸菌群」の数が


100ml中1000個以下と定められていますが、


お台場の海は5000個以上で汚染度は高いんですね。



しかも

夏場に雨が降った後などは、


特に「糞便性大腸菌群」の数値が上がる傾向にあるようです。



これらの要因から


期間限定でしかも


「顔を水面につけるな」と言う


びっくり仰天の条件をつけています。



ですが、


元東京都衛生局職員で、

医事ジャーナリストの志村岳氏が言うには、



東京湾に流れる無数の川には


化学物質や農薬などの様々な汚染物が混ざっており


お台場近くの内湾は


それらの汚染物の吹き溜まりになっているらしく


いくら水質浄化しても改善しなとのこと。


そして、


顔をつけて泳がなくても


皮膚などから感染する可能性もあるらしいんですね。



今後

トライアスロン会場として


どのような対策をするんでしょうね?



なんとなく

気になります。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。