So-net無料ブログ作成

期限切れ肉を供給していた「上海福喜食品」で新たな問題が明らかになる [時事]

現在、


期限切れ肉の供給で問題になっている


「上海福喜食品」で新たな問題が明らかになりました。




なんと、

一旦出荷して戻ってきた加工食品を


生産日や名称、包装を替えて


再出荷していたんですね。



中国メディアによりますと、


「上海福喜食品」が2013年5月に生産した


中国式のミートパイこと薫製風味の肉餅



生産日を今年の1月に改ざんし、


名称を「味わい肉餅」として包装を替え



再出荷してたらしいです。



出荷数は実に4396箱にものぼり



そのうち、


3030箱が既に販売されたとのこと。



悪質を

通り越して


まさに極悪の域ですね。




更には


機械などの洗浄に携わっていた

上海福喜食品の元スタッフが言うには、



肉がコンテナから落ちても


素手で拾い、元に戻していたようで、



この行為が

暗黙の了解で繰り返し行われていたようです。



しかも


2014年には


安全性の高い工場として
表彰されていたようなんですね。



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。