So-net無料ブログ作成

後続車に煽られ、危険回避の為仕方なく速度違反を起こした男性の判決が下る [時事]

この出来事は


昨年の5月29日に


北海道は喜茂別町の国道230号で乗用車を運転していた

80代の男性会社役員が


後続車に煽られ、


危険回避の為

前方車両を追い越すのに
仕方なくスピードを上げたところ、


運悪くオービスにひかかり

最高速度60キロのところ34キロオーバーの94キロで
走行したと測定されました。



今回の札幌地裁の判決では、


「速度超過は危険を避ける為にやむおえずした行為」と言うことで、


緊急避難」が成立するとして
無罪が言い渡されました。




この判決結果が面白く無かったのか


札幌地検では


「上級庁と協議して対応を決めたい」としているようです。




今はどのようになっているのかわかりませんが、


私も昔


高速道路で


オービスが光ったことはありますが、


通知は来ませんでした。



当時は


オービスのフィルムにコストがかかるため


たとえ


スピード超過で


オービスが光っても



フィルムが入っていない場合がありました。



なので

運が悪ければ

オービスで写真を撮られるといった感じでしたね。



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。